キャットフード

他のフードを見る

メディファス 子ねこ 12か月まで チキン味国産品

下部尿路の健康ケア

商品ラインナップ

キャットフード、総合栄養食/成長期用

  • メディファス 子ねこ 12ヵ月まで チキン味600g
    600g(300g×2)
    希望小売価格 700円
  • メディファス 子ねこ 12ヵ月まで チキン味1.5kg
    1.5kg(300g×5)
    希望小売価格 1,600円

商品特徴

粒写真

粒写真

無着色
この製品は、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、「総合栄養食/成長期用」の基準を満たすことが証明されています。
AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たしています。

メディファス

 

<メディファス>は、上質のおいしい素材を使用し、必要なすべての栄養素をバランスよく配合した総合栄養食。
成長段階、そして飼育環境などにもキメ細やかに対応した、愛猫の健康維持にふさわしい国産のライフステージフードです。

成長段階に合わせたキメ細やかな栄養設計

  • 適正な尿pH(ペーハー)のコントロール

    ミネラルやアミノ酸を調整し、尿を弱酸性化。
    (設計値6.3~6.6)
    ※尿pHは、猫の飼育環境や個体によって変動することがあります。

  • マグネシウム由来の結石に配慮

    適正なマグネシウム含有量に調整。
    0.09%(標準値)

  • おなかいきいき

    おなかの善玉菌の乳酸菌を増やすフラクトオリゴ糖配合。

  • 育ちざかりの子ねこに

    すこやかな子ねこの成長にカルシウムを強化。1歳から比約135%

  • 食べやすい小粒

    口の小さな子ねこが食べやすい小粒サイズ。

  • 愛猫の活力と元気のために

    高品質なプレミアムエッグ、「ヨード卵・光」配合。

“この製品は、マグネシウム由来の結石に配慮し、マグネシウムを低減するとともに、ミネラルバランスを調整することにより尿pHをコントロールする設計で、猫の下部尿路の健康を維持するキャットフードです。”

上手な与え方

  • 与える量は、下表を目安に与えてください。
    1日に2回以上与える場合は、「与える量」を与える回数で割った量が1回分です。
  • 与える量は、種類、年齢、性別、運動量、季節などによって変わります。愛猫の状態により調整してください。
  • 新鮮な水をいつでも好きなだけ飲めるように別の容器に用意してください。
  • ほかの食事から切り替える場合は、これまでの食事に少量混ぜ、徐々に増やしていき、1週間くらいかけて切り替えてください。
  • 1歳以上の猫には、<メディファス>1歳からをおすすめします。
  • <メディファス>子ねこは、母猫の妊娠期・授乳期にもご使用いただけます。豊富な栄養量を必要とするこの時期には、下表の「7~12か月」の給与量を基準に、妊娠期は0.8~1.0倍量、授乳期には1~2倍量を目安にほしがるだけ与えてください。

与える量の目安(1日・1頭あたり)

体重 離乳~3か月 4~6か月 7~12か月
0.5kg 30g 25g -
1kg 55g 45g 35g
2kg 90g 75g 60g
3kg - 105g 85g
4kg - - 105g
5kg - - 120g
6kg - - 140g
7kg - - 155g
与える回数 2~4回に分けて 2回に分けて

成分

(重量パーセント)

 たんぱく質 34.0%以上
 脂質 12.0%以上
 粗繊維 3.5%以下
 灰分 9.0%以下
 水分 10.0%以下
 カルシウム 1.1%(標準値)
 リン 0.9%(標準値)
 ナトリウム 0.4%(標準値)
 マグネシウム 0.09%(標準値)

代謝エネルギー(100g当たり)約385kcal

原材料

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール)、肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源)、豆類(おから)、糖類(フラクトオリゴ糖)、卵類(ヨード卵粉末)、シャンピニオン、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

原産国

日本

ISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格)の認証を取得(2006年7月)/本社・多治見工場