ドッグフード

メディコート <ボディコンディション>は…

人が身長などの個人差からBMI値(体重(㎏)÷(身長(m)×身長(m)))で肥満度を測定するように、犬もそれぞれの体格差から適正体重が異なります。愛犬の現在の体型を把握できるBCS(ボディコンディションスコア)を用いて、適正な体型・体重を目指す栄養バランスに設計した「メディコート」です。

メディコート・ボディコンディション

愛犬のBCSに合わせた体重管理

愛犬の肥満度をはかる、BCS=ボディ・コンディション・スコアとは体重だけでなく、体格や体型も含めた見た目の状態と、触れてみた皮下脂肪の付き具合も加えて
犬の肥満度を判断する評価基準のことです。

BCS1 BCS2 BCS3 BCS4 BCS5
やせすぎ やせ気味 理想体型 太り気味 肥満
肋骨や腰の骨格がはっきりと浮き出て、触ると簡単に骨がわかる。
上から見ると砂時計のような体型になっている。
肋骨が少し浮き出ていて、なでると骨がわかる。
上から見ると腰にくびれがあり、横から見たウェストも細くなっている。
肋骨が薄い皮下脂肪で覆われていて、なでると骨がわかる。
上から見た腰のくびれはゆるやか、横から見たウェストがゆるやかに細くなっている。
厚い皮下脂肪で覆われ、見た目では肋骨がわからない。
上から見ると、かろうじてくびれがあり、横から見たウェストは引き締まっていない。
非常に厚い皮下脂肪で覆われ、見た目でも触っても肋骨がわからない。
上から見ても腰のくびれがなく寸胴。横からは腹が張り出し垂れ下がっている。
BCS1 BCS2 BCS3
やせすぎ やせ気味 理想体型
肋骨や腰の骨格がはっきりと浮き出て、触ると簡単に骨がわかる。
上から見ると砂時計のような体型になっている。
肋骨が少し浮き出ていて、なでると骨がわかる。
上から見ると腰にくびれがあり、横から見たウェストも細くなっている。
肋骨が薄い皮下脂肪で覆われていて、なでると骨がわかる。
上から見た腰のくびれはゆるやか、横から見たウェストがゆるやかに細くなっている。
BCS4 BCS5
太り気味 肥満
厚い皮下脂肪で覆われ、見た目では肋骨がわからない。
上から見ると、かろうじてくびれがあり、横から見たウェストは引き締まっていない。
非常に厚い皮下脂肪で覆われ、見た目でも触っても肋骨がわからない。
上から見ても腰のくびれがなく寸胴。横からは腹が張り出し垂れ下がっている。

プレミアムエッグ、「ヨード卵・光」配合

卵のたんぱく質は消化吸収性に優れていて、すべての必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

ISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格)の認証を取得(2006年7月)/本社・多治見工場

ペットライン株式会社
〒507-0062 岐阜県多治見市大針町657-1
TEL:(0572)-29-2011(代)
FAX:(0572)-29-5293