scroll

「ねこピースMOVIE」とは

飼い主さんご自身がビデオカメラに収めた、
ご自宅で過ごす愛猫との「ピースな日常」の記録。
そこにはきっと、愛猫家なら誰もが感じている、ありきたりの毎日の中に猫がいる、
という「かけがえのない時間」が映っているはずです。

愛猫とあなたの「ピースな日常」が、ずっとずっと続いて欲しい。
それは、私たちがメディファスに込めた思いと一緒です。

どうぞ、ピースな気分でご覧ください。

ミツバちゃんスコティッシュフォールド・12歳・女の子


 × 

鈴木則彦さんCMディレクター有紀子さん主婦

ミツバと出会ったのは、都内のとあるペットショップです。
僕が覗いたら、奥の方からこちらにやってきて、頬杖をつくようなポーズでこちらを見ていました。
その時、ガラケーで撮った写真は映像にも出てきます。
飼い始めてから一週間ほど名前をどうしようか迷っていましたが、突如、リビングに置いていた観葉植物の土の部分から、ミツバのクローバーが幾つも生え始めて印象に残ったので、「ミツバ」という名にしました。
性格はやんちゃ。仔猫時代ほどではありませんが、今でも元気に遊びます。

ニコルちゃん雑種・11歳・男の子 × フクモト エミさんグラフィックデザイナー
/イラストレーター

実家で飼っているニコルは、捨て猫でした。
姉の友人の職場の駐車場に4匹の子猫が捨てられていて、ニコルだけがずっと段ボールに残されていたそうです。うちに来たばかりのニコルは風邪とウイルスで鼻も目もぐちゃぐちゃで、やせっぽちでした。
父が家のまわりをぐるりとネットで囲んで、ニコルが庭やベランダで自由に遊べるようにしました。
現在わたしは都内で一人暮らしをしていますが、週に1回はニコルと母のいる実家に帰ります。
普段ニコルは母の腕枕で寝ていますが、わたしが帰ったときは、わたしの胸の上で寝てくれます。
これからも「ニコルさま」には我が家の重鎮として、母ともども元気でいてほしいと思っています。

宮ちゃん雑種・1歳半・女の子


 × 

沼田健彦さんGREEN FUNDING
by T-SITE代表
真琴さんライター

宮と出会ったのは、昨年の春。
友人の職場近くで生まれた3匹の子猫のうちの1匹でした。白く小さくふわふわとした彼女を初めて見たときから、胸がざわめき、すぐに家族へ迎え入れることを決めました。生後1ヶ月半でうちに嫁いでくれた彼女は、まだまだ驚くほど小さく、たどたどしく歩く姿がとっても愛おしかったことを今でも鮮明に覚えています。
家に来たその日から、一緒に寝て、一緒に起きて、一緒に過ごす生活。
そばにいてくれるだけで、私たち夫婦に温かさを与えてくれるかけがえのない大切な家族の一員です。

aroow
Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア