HIGH-PERFORMANCE 高機能のカギは臨床栄養学でした。


ペットの臨床栄養学とは、単に必要な栄養素を供給するという考え方から一歩進んで、愛犬の体調の変化に対しても適切な栄養的対応を行うことを目的とする学問分野です。メディ・プロ〈アレルゲンカットプラス〉 は、ペットラインが約20年以上にわたり、大学等と共同で研究してきた最新の臨床栄養学の知見に基づき誕生した、高機能の健康維持フードです。
メディ・プロ<アレルゲンカットプラス>は犬の食物アレルギーと下部尿路の健康に配慮したハイセレクトフードです。 メディ・プロ<アレルゲンカットプラス>は、犬の臨床栄養学に基づいた高機能フード。食物アレルギーに悩む愛犬のために、アレルゲンとなるたんぱく源を2種類だけに限定。また、下部尿路の健康維持にも配慮しています。
国産 POINT.1 たんぱく源を国産の魚と米に
制限し、食物アレルギーに配慮。皮膚の健康維持に必要な栄養素を強化  
pH POINT.2 下部尿路の健康維持に配慮して尿pHコントロールでサポート  
Glucosamine  POINT.3 お腹の健康維持にも配慮  
 
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
  • 詳細を見る
 

メディ・プロ〈アレルゲンカットプラス〉は、下部尿路の健康維持にも配慮しています。フード中の栄養成分を調整して尿pHをコントロールし、尿結晶や尿結石を形成しにくくする手法も臨床栄養学の成果です。

 

犬では成犬期から高齢犬期にかけて、下部尿路の健康維持に対する配慮が最も必要となり、犬の尿石でも代表的なストルバイト尿石は尿pHを6.4以下の弱酸性側にコントロールすることが推奨されています。メディ・プロ〈アレルゲンカットプラス〉は、成犬用と高齢犬用でミネラルとアミノ酸の成分バランスを調整することで尿pHを6.1~6.4にしてストルバイト尿石の管理をしています。

 
 

メディ・プロ〈アレルゲンカットプラス〉はおなかの健康維持のため、腸内環境の正常化に有効なプレバイオティクスとしてフラクトオリゴ糖を、プロバイオティクスとして耐熱性乳酸菌を配合しています。

 
 
high-performance 高機能のカギは臨床栄養学でした。 ペットの臨床栄養学とは、単に必要な栄養素を供給するという考え方から一歩進んで、愛犬の体調の変化に対しても適切な栄養的対応を行うことを目的とする学問分野です。メディ・プロ〈アレルゲンカットプラス〉 は、ペットラインが約20年以上にわたり、大学等と共同で研究してきた最新の臨床栄養学の知見に基づき誕生した、高機能の健康維持フードです。 メディ・プロ<アレルゲンカットプラス>は犬の食物アレルギーと下部尿路の健康に配慮したハイセレクトフードです。メディ・プロ<アレルゲンカットプラス>は、犬の臨床栄養学に基づいた高機能フード。食物アレルギーに悩む愛犬のために、アレルゲンとなるたんぱく源を2種類だけに限定。また、下部尿路の健康維持にも配慮しています。 国産 POINT.1 たんぱく源を国産の魚と米に制限し、食物アレルギーに配慮。皮膚の健康維持に必要な栄養素を強化  

愛犬の体調の変化に対して適切な栄養的対応を行う臨床栄養学の考え方と成果を基に作られたメディ・プロ〈アレルゲンカットプラス〉は、主原料を食物アレルギーの原因となりにくいとされる魚(主にマグロとカツオ)と米だけに限定。また、オメガ3脂肪酸(EPA、DHA)、抗酸化成分(ビタミンE・C等)、フィッシュコラーゲン等を強化して皮膚の健康維持に必要な栄養素を十分に供給します。

Mg/Ca POINT.2 高齢犬の腎臓に配慮し、成分を調整。  

メディ・プロ〈アレルゲンカットプラス〉は、下部尿路の健康維持にも配慮しています。フード中の栄養成分を調整して尿pHをコントロールし、尿結晶や尿結石を形成しにくくする手法も臨床栄養学の成果です。

犬では成犬期から高齢犬期にかけて、下部尿路の健康維持に対する配慮が最も必要となり、犬の尿石でも代表的なストルバイト尿石は尿pHを6.4以下の弱酸性側にコントロールすることが推奨されています。メディ・プロ〈アレルゲンカットプラス〉は、成犬用と高齢犬用でミネラルとアミノ酸の成分バランスを調整することで尿pHを6.1~6.4にしてストルバイト尿石の管理をしています。

EPA DHA POINT.3 室内飼いの愛犬の健康維持に配慮。
 

メディ・プロ〈アレルゲンカットプラス〉はおなかの健康維持のため、腸内環境の正常化に有効なプレバイオティクスとしてフラクトオリゴ糖を、プロバイオティクスとして耐熱性乳酸菌を配合しています。