教えて猫ノートトップ > 子猫の飼い方 > 子猫に与えてはいけない食べ物

飼い方のこと飼い方のこと

子猫の飼い方

子猫に与えてはいけない食べ物

子猫に与えてはいけない食べ物

9/15

ネギ類
タマネギ、長ネギ、ニラ、アサツキ、ニンニクなど。それ自体を食べる事は少ないかもしれませんが、ネギ類の入ったシチューや味噌汁などを食べてしまい、中毒を起こすことがあります。血液中の赤血球が破壊され、場合によっては貧血を引き起こし、死に至る場合も。
チョコレート
テオブロミンという成分に毒性があり、死に至る場合も。
貝類
特にアワビに含まれる成分は皮膚炎の原因に。
イカ・タコ
ビタミンB1を阻害する成分が含まれているため消化不良を引き起こし、ひどくなると昏睡状態に陥り死に至る場合も。
青魚
アジ、サバ、イワシなどの青身の魚を食べ過ぎると脂肪が酸化して、黄色脂肪症にかかり、痛みと熱を伴なう硬いしこりができたり、歩けなくなることも。
牛乳
乳糖を消化できずに下痢や軟便に。

その他、魚や鶏の骨、生卵の白身、練りもの、コーヒー、お茶などにも気をつけましょう。観葉植物や花、人用の薬などにも、食べてしまうと中毒を起こすものもあります。普段は総合栄養食のキャットフードを与え、口にしてはいけない危険なものは子猫からできる限り遠ざけるようにしましょう。基本的に人間の食べる物は与えないのが一番。一度口にして、「おいしい!」と思うと、おねだりをするようになります。猫ちゃんの健康を第一に考えるなら、最初からあげないことが大切です。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル