教えて猫ノートトップ > 猫の寒さ対策 > 冬用の居場所があるとよりGOOD!

健康管理のこと猫の寒さ対策

猫の寒さ対策

冬用の居場所があるとよりGOOD!

過ごしやすいにゃ♪

3/3

冬に猫ちゃんがすごしやすい居場所づくり

猫ちゃんは日光浴が大好きなので、冬場は特に日の当たる場所にベッドなどを置いて寝床を作ってあげましょう。この時の注意点は、日の差す方向が午前と午後で異なるので、その両方に寝床を用意しておいてあげるとベスト。その場合、窓際や外に接している壁、床に直接置かないこと。そのような場所は隙間風や冷気などが伝わってきやすいので、温かいようで逆に体が冷えてしまうことにもなりかねません。床は思っているより冷たいので、少し高い位置に置いてあげることで暖かくなります。

日光浴は骨格形成障害の予防になるので、特に成長期の猫ちゃんには紫外線を浴びる工夫が必要です。ガラス越しの日差しでも常に浴びていればOK。

また極度に温度差がでる部屋にしないよう心がけましょう。日中、暖房で温かくなっている部屋は、夜、寝る時に暖房を消してしまうと10℃を超える温度差ができてしまいます。温度差が10℃を超えると体調を崩しやすくなるので気をつけましょう。
夜、暖房を消す時は、屋根付きの寝床がおすすめです。冷気を塞いでくれるので、それだけでも暖かくなります。さらに、フリースや毛布などの暖かい素材のものを寝床に入れてあげましょう。寒さが厳しい時は湯たんぽやペット用のホットカーペットを利用するのもいいですね。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ