教えて猫ノートトップ > 猫の寒さ対策 > 猫は寒さに弱い?

健康管理のこと猫の寒さ対策

猫の寒さ対策

猫は寒さに弱い?

寒いにゃー!

1/3

猫の寒さについて。猫の適温、室温についてなど

現代の家猫の直接の先祖と言われているのが北アフリカ出身のリビア猫。ですから寒さに弱いのは当然かもしれません。だからといって、すべての猫ちゃんが“極端な寒がり”というわけではありません。

運動量の多い猫ちゃんや筋肉体質の猫ちゃんは比較的寒さに強いようです。逆に、運動量の少ない猫ちゃん、痩せている猫ちゃん、年よりの猫ちゃんは寒さに敏感なようです。
長毛種か短毛種かによっても異なります。ある長毛種の猫ちゃんの場合ですが、飼い主が暑がりで暖房をつけない時には、見事な長毛に。しかし、寒がりな人が一緒に住むことになって部屋をポカポカにしたら、毛が伸びなくなってしまった例もあります。
自身で環境に対応する能力があるので、ある程度の室温を保ってあげつつ、本人が自由に動けるようにしてあげるのがベストでしょう。

猫ちゃんが快適に過ごせる適温は、いろんな説を合わせると室温18〜26℃、湿度30〜70%くらいが目安のようです。猫ちゃんによって異なります。人間も同じで、暑がりなのか寒がりなのかによって快適な室温は変わってくるので、わが家の猫ちゃんはどのくらいの温度が好みかを観察しておきましょう。毛を逆立てて体を膨らませていたり、ブルブル震わせていたり、丸めていたりしたら、「寒いよー」のサインかもしれません。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ