教えて猫ノートトップ > 猫のニオイ対策 > 猫の口臭が気になるのですが?

生活・遊び生活・遊び

猫のニオイ対策

猫の口臭が気になるのですが?

歯磨きするにゃ♪

2/5

口臭がしたら、まずは口の中の病気を疑ってみて!

年をとったりや体が弱い猫ちゃんは、口の中の病気にかかりやすいと言われています。お口が匂ったり、よだれが出ていたりする場合は歯や口腔の病気の可能性があるので病院に連れて行きましょう。お口の中の病気にかかると治りにくく、痛みがひどく食事ができなくなったりしてしまいます。

歯周病

歯ぐきが赤く腫れ、固いものを咬んだりした時に歯ぐきから出血することがあります。どんどん口臭が目立つようになります。歯肉炎の状態では歯はまだしっかりしていますが進行して歯周炎になると、口臭がさらにきつくなり、ちょっとしたことで歯ぐきから出血してしまいます。放っておくと歯周ポケットが深くなり、歯が抜け落ちてしまうことも。

口内炎

激しい痛みをともなうので、ご飯を食べたいけれど食べられない状態となります。進行すると口のなかの粘膜や歯肉が真っ赤に腫れ、ただれや潰瘍、出血がみられます。口臭も強くなり、ネバネバした血が混じったよだれをたらします。猫の口内炎では歯肉炎をはじめとする歯周病や破歯細胞性外部吸収病巣を併発するケースが多く見られます。

口の中の病気は、猫エイズや白血病ウイルス感染症などの病気の兆候であったりするので、このような症状を見つけたらすぐに獣医さんに相談しましょう。

子どもの頃から歯磨きの癖をつけよう!

人間の歯と同じように、猫の歯も、虫歯になりやすいのは幼少期といわれています。特に猫ちゃんの場合は、柔らかい食べ物を好むので、歯や舌の表面に細菌がつきやすく、そのため歯垢や歯石がたまりやすくなるのです。時々、指にガーゼなどを巻いて歯をやさしくこすってあげるか、猫用歯ブラシで磨いてあげましょう。猫の歯の表面のエナメル質は、とっても薄いので毛の柔らかいブラシを使用することをおすすめします。

はじめは歯磨きを嫌がりますが、何度も口を開ける練習をして、飼い主が口の中をいじることを習慣づけましょう。毎日少しずつ慣らしていくことが大切です。大人になってからは難しいので、できるだけ子猫の頃から身につけておくとよいでしょう。そうしておけば、口臭にも気づきやすくなるので、いざ病気になっても、お口の中なのか、そうでないのかがわかり、猫ちゃんの健康状態を把握することができます。

口臭の原因がご飯の場合もあるってほんと?

猫ちゃんの口臭が病気ではなさそうと思ったら、ご飯の見直しをしてみるのも一案です。ウエットフードを多く与えている飼い主さんは、ドライフードを主食に。ドライフードを主食にしている、もしくはドライフードのみを与えている飼い主さんは、ドライフードの銘柄を変更してみるのもひとつの対策です。

好き嫌いの多い猫ちゃんの場合は、銘柄を変えると食べなくなってしまう可能性もあるので、その場合は飲み水に混ぜて口腔衛生を改善するグッズや猫ちゃんが噛み噛みすることでデンタル効果を期待できるオモチャなどもあります。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル