教えて猫ノートトップ > インドアキャット > 猫ちゃんを室内で飼うメリットとデメリットは?

病気のこと病気のこと

インドアキャット

猫ちゃんを室内で飼うメリットとデメリットは?

猫ちゃんを室内で飼うメリットとデメリットは?

1/5

猫ちゃんにとって室内飼いは幸せ?

猫ちゃんにとって一番幸せな暮らし方ってなんだろうと考えた時、完全な室内飼いにするか、外に出られるよう放し飼いにするか、トイレなど外に出られるようにするか、迷う方が多いようです。それは、猫の完全室内飼いを「閉じ込めてしまってはかわいそう」と思うかたわら、「外にはいろんな危険が潜んでいるから」と考えるからです。

家の内外を自由に行ききできる猫ちゃんの生活は、自然かつ刺激的な環境を用意してあげることができますが、外飼いのデメリットは、病気を拾ってきたり、どんなものを食べているのかわからないので健康管理が行き届かないことです。また縄張り争いでケガをしたり、交通事故にあったり、妊娠してしまったり、いろいろな危険にさらされます。さらに猫の捕食行動によって野生動物に対して危害を与える可能性もあります。

快適な室内は最高に贅沢な場所

猫ちゃんは本来、広い範囲を歩き回らない動物です。ですから、室内になんでも揃っていれば、そこは安全で最高に贅沢な場所になります。室内飼いの利点は、常に健康状態に気を配ることができ、コミュニケーションを濃密にしておけば、ちょっとした異変にも気がつきやすくなります。食事のこと、おしっこのことなど、「いつもと何かが違う!」と感じたら、猫ちゃんが病気なのか、すねているのかを判断して、即対応してあげることができるからです。

完全室内飼いの場合、外の楽しい時間を過ごさせてあげたいなら、リードをつけて散歩をしたり、屋外の安全な囲いの中に猫ちゃんを入れるなどして自由な気分に浸らしてあげるというのも一案です。食事面では、遊びながら食べられるようなオモチャ的要素(例:穴の開いたボールや迷路タイプのオモチャなど)のあるエサ入れを用意してあげるのもいいでしょう。それに少しずつフードを入れ、数か所に分散して置いておけば、少量のフードを動きながら、楽しんで食べることができます。精神的かつ身体的活動量も増えるので、猫ちゃんのストレスを解消してあげることができます。

室内も危険はある!?バスタブ、電気コードなどに要注意!

でも室内だからといって危険が無いわけではありません。もっとも気をつけたいのがお風呂場です。水をはったバスタブに猫ちゃんが落ちてしまったら大変。這い上がることができません。残り湯がある時はお風呂場のドアを閉めて猫ちゃんが入れないようにしておきましょう。また電気器具のコードをかじる猫ちゃんもいるので、コードを完全に隠すかコードにカバーをするなどの対応をしておかないと感電する恐れがあります。

ドアを開けてしまう猫ちゃん、ガスコンロを点けてしまう猫ちゃん、石油ストーブの上に乗ってしまう猫ちゃん、ガスストーブに足をかけて寝てしまう猫ちゃん、ビニール袋を食べてしまう猫ちゃんたちには、それなりの配慮が必要です。普段から飼っている猫ちゃんのクセを知って危険を想定し、事故防止の対策を考えましょう。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル