教えて犬ノートトップ > 犬のアレルギーとは? > 犬にもアレルギーはあるの!?

犬のアレルギーとは?犬のアレルギーとは?

犬のアレルギーとは?

犬にもアレルギーはあるの!?

犬のアレルギーとは?

1/6

ワンちゃんに限らず、動物にはウイルスや細菌等の病原体の侵入から体を守る「免疫」という働きがあります。ところが、この体を守る免疫のシステムが、有害な病原菌ではなく、本来無害なはずの食べ物や花粉などに過敏に反応して、自分自身を傷つけることがあり、これを「アレルギー」と言います。これらの免疫反応を引き起こさせる物質のことを「抗原」と呼び、中でもアレルギー反応を引き起こす抗原を特に「アレルゲン」と呼びます。
ワンちゃんも人間と同様、様々なアレルギーがあることが分かっています。

こんなアレルギーが・・・

アレルギーによって引き起こされる症状は皮膚炎や鼻炎、眼瞼炎症、腸炎などの消化器症状など多岐にわたります。中でも皮膚症状を示す場合が多く、ノミの唾液中に含まれるたんぱく質や花粉、ハウスダストなどあらゆるものがアレルゲンとなり、痒みや発疹、発赤、脱毛などの症状が見られます。また、アレルゲンに直接触れていなくても、呼吸や食事によって体内に侵入したアレルゲンにより皮膚症状が出ることも多々あります。

アレルギーには様々な種類がありますが、ペットラインが調べたところ、約4割のワンちゃんが食物を原因とする食物アレルギーもしくは食物アレルギーの可能性があるとわかりました。食物アレルギーは様々な食物に含まれる成分にアレルギー反応を起こします。ワンちゃんではよく食べる機会のある小麦、子羊(ラム)肉、鶏卵、鶏肉、大豆、とうもろこしなどがアレルゲンになりやすいとされています。

よく食べるものほどアレルゲンになりやすい??

アレルギー反応の仕組みとは?

人間や犬は通常、食物など病原体ではないものには過敏な免疫反応を起こさないよう、免疫学的寛容といわれるシステムにより免疫反応が制御がされています。ですが、遺伝やストレス、環境的な要因など何らかの原因によりこのシステムが機能せず、免疫応答力を獲得してしまうことがあります。このように食物に限らず、特定の物質にたいして免疫応答力を獲得することを感作といいます。一旦感作されると、次にその物質に遭遇した時にアレルギー反応を起こし、皮膚炎や消化器症状などさまざまな症状を発症します。

反応が起こりやすい条件・食べ物

感作のメカニズムは全てが判明しているわけではなく、遺伝や環境要因が深く関わっているともされますが、抗原との遭遇機会(量、回数、時間)によっても変動すると考えられており、食物の中ではドッグフードに使われることが多い牛肉、乳製品、小麦、子羊(ラム)肉、鶏卵、鶏肉、大豆、とうもろこしなどがアレルゲンとなりやすいとされています。

反応はいつまで続くの?

一度感作されると、その抗原に対する反応を記憶し長い期間免疫応答力は持続し、またアレルギー反応が起こるたびにこの記憶が強化されるので、場合によっては一生付き合っていかなくてはなりません。ですが、成長や除去食の継続により脱感作されて再び食べられるようになる場合があります。

食物アレルギーの出やすい場所

気になる愛犬のしぐさをチェック!

アレルギーの症状として代表的な皮膚症状は、発疹や脱毛が見られ、痒みを伴うためその部位の皮膚を掻いたり噛んだりして悪化させるようになります。ですから、早めに気づいてあげることが出来れば、症状も軽くすみます。普段からワンちゃんの行動に気を配り、執拗にどこかをなめたり噛んだりしていたら、気にしてみてあげましょう。アレルギー性の皮膚炎かなと思ったら、馴染みの獣医さんに診てもらいましょう。

こんな症状がでていませんか?

●体を痒がる  ●フケがでる  ●抜け毛が多い(ハゲる)  ●下痢・嘔吐

●顔、耳の内側、目の周り、口周り、内股、足の付け根の内側などが赤くなりカユがる

●足の裏や指の間を噛んだりナメたりする

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル