教えて犬ノートトップ > 犬のお風呂 > 犬のお風呂の入れ方と乾かし方

生活・遊び犬のお風呂

犬のお風呂

犬のお風呂の入れ方と乾かし方

スッキリしたワン♪

2/3

犬のお風呂の入れ方

ここでは、シャンプーを使ってシャワーで洗う手順を紹介します。シャンプーはワンちゃん専用のものを用意します。 37〜38度Cに設定した温水シャワーで、体を濡らしながらおおよそ以下の順番に洗っていくといいでしょう。

1:前肢・後肢

前肢、後肢から洗い始めます。あらかじめシャワーで濡らし、そこにシャンプーを泡立てて手でもみ込むように洗います。汚れのたまりやすい足先や、肉球の間の汚れをしっかり落としましょう。

2:お尻・内股

次はお尻と内股です。尻尾を持ち上げ、肛門の周りを泡立てて優しく洗います。このとき、肛門下部の左右にある肛門腺を絞るといいと多くの書籍やサイトに記されていますが、要領がわかるまではトリミングサロンや獣医さんにやってもらったほうがいいでしょう。続いて、内股を洗います。ここもデリケートな部分ですので、優しくていねいに洗ってあげましょう。

3:胸

次は、胸部。シャワーの先端を上へ向けて体に沿わせて洗います。胴の中では、汚れが付きやすい場所ですので、しっかり泡立てて洗ってください。

4:背中

背中はお尻側から頭の方へ順に濡らし、シャンプーを泡立てていきます。首の周辺に抜けた毛や汚れがたまっているので、スリッカーなども使用して、しっかり洗ってください。

5:頭部・顔

最後に、頭から顔を洗います。顔は、洗面器にぬるま湯をためて手ですくってかけ、目や耳の中に入らないように注意します。目のまわりは、タオルやガーゼを濡らして拭いてあげます。

ここまで洗い終えたら、シャンプーを洗い流します。体の高いところから、順番に洗い落としていきます。
頭→顔→背中→胸→前肢→おなか→お尻→後肢と洗っていけば、シャンプーが残ることはありません。シャワーを体に当てて、もう一方の手でタプタプと毛の上から皮膚面へ手のひらで押すようにして洗います。

バスタオルとドライヤーで乾かしてあげよう

洗い終わったら、吸水性のバスタオルなどで水気を拭き取ります。水気が取れたところで、弱に設定したドライヤーを遠くからあてて、乾かします。その際、手やスリッカーで毛並みを分けながら、しっかり皮膚面まで湿気が取れるまで乾かします。
ドライヤーは背中からお尻、お腹、脚、顔、尻尾の順に当てていきます。
また、耳の穴に入ってしまった水気は、指にティッシュや脱脂綿を巻いて、優しくふき取ります。そのままにすると外耳炎になってしまう場合があります。特に耳のたれているワンちゃんは要注意です。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル