教えて犬ノートトップ > 犬の寒さ対策 > ワンちゃんに寒さ対策は必要?どんなワンちゃんが寒がり?

健康管理のこと犬の寒さ対策

犬の寒さ対策

ワンちゃんに寒さ対策は必要? どんなワンちゃんが寒がり?

適温がいいワン♪

1/3

ワンちゃんに寒さ対策は必要? どんなワンちゃんが寒がり?

ワンちゃんは暑さに弱く、寒さに強いといわれています。でも、ブルブル震えているワンちゃんの姿、また、丸まって横になったり、ベッドの下に潜り込んだり、何となく飼い主さんのそばにいたことがありませんか? これは寒さを感じている証拠です。
ワンちゃんの体温は人よりも高く、小型犬で38.6〜39.2度C、大型犬では37.5〜38.6度Cほど※。体温が高いぶん、人よりも寒さに対する耐性があります。さらに、被毛があるため、ワンちゃんが快適と感じる環境温度は人よりも低く、室外で成育するワンちゃんの場合、10度C前後が適温とされます。つまり、基本的には寒さに強い特徴が確かにあるのです。
ところが、人それぞれに寒さに対する耐性が違うように、ワンちゃんも寒さに対する強さに差があります。特に、以下の状況のワンちゃんには、飼い主さんがケアしてあげることが大切です。

1:小型犬

小型犬は体積に対して表面積が広く、体熱を放散しやすいため、寒さに弱い。

2:短毛種やシングルコート

体毛が短かったり、被毛のコートが単層(シングル)のワンちゃんは、体熱を放散しやすく、寒さに弱い。多くは、南方原産。

3:子犬、老犬、病中病後犬

元気な成犬のワンちゃんに比べて体力が劣るぶん、寒さに弱い。 

4:室内飼育犬

外気にさらされないで育ってきたワンちゃんは、体温調節が上手にできない傾向にあります。こうしたワンちゃんが快適と感じる温度は20度c前後とされ、相対的に寒さに弱い。

上記の1と2の代表的な犬種は、チワワ、マルチーズ、プードル、ヨークシャテリア、パピヨン、グレーハウンド、ミニチュアピンシャーなど。なお、ミニチュアダックスも、シングルコートで、寒さに強くない犬種です。 では、こうしたワンちゃんを寒い時期でも快適に生活させてあげる方法を次に考えてみましょう。

…犬の病気大辞典HPより

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル