教えて犬ノートトップ > 犬のお手入れ(グルーミング・トリミング) > 爪切り&歯磨きのやり方

健康管理のこと犬のお手入れ(グルーミング・トリミング)

犬のお手入れ(グルーミング・トリミング)

爪切り&歯磨きのやり方

コツをマスターするワン

4/6

爪切り&歯磨きのやり方

家でできるワンちゃんのお手入れのうち、爪切り、歯磨きのコツを紹介します。

●爪切りのコツ

1、爪を切るタイミング

フローリングの床を歩くと、チャカチャカ音がするようなら、爪が伸びています。

2、爪を切る準備

爪切りに慣れていないワンちゃんには、爪切りばさみを見せないように。
小型犬なら、体を仰向けに固定するように抱きかかえます。中大型犬の場合は、立たせた背後から抱きかかえるようにします。

3、前足の爪切り

足裏を体に沿って後方の上方面へ向けるようにし、1本ずつカットしていきます。
上部にある、狼爪と呼ばれる地面につかない爪も忘れずに。

4、後足の爪切り

脚を後方へ伸ばし、前足と同じように順に一本ずつカットしていきます。
中大型犬の場合は、位置を入れ替えて、ワンちゃんの頭の方からアプローチします。
前足と後足の爪切りの順番は、逆にした方がカットさせてくれるワンちゃんも。

5、やすりがけ

カットした爪の角に爪用のヤスリをかけて丸く削ります。
切りっぱなしにすると、抱っこしたり遊んだ際に、思わぬケガをしてしまうことも。また、ワンちゃんが体を掻いた際に傷になってしまうこともあります。

6、血管を切ってしまったら

ワンちゃんの爪を透かして見ると、芯の部分に黒く血管が通っています。ここをカットしてしまったら、止血剤を指で塗ることで出血を止められます。
※なお、爪切りが苦手なワンちゃんや飼い主さんの場合は、ペットショップやトリミングサロン、動物病院で切ってもらうこともできます。

●歯磨きのコツ

1、歯磨きのタイミング

ワンちゃんの歯は、放っておくと3日あまりで歯垢がついてしまいます。そこで、以下の順に、1〜2日に1回行ってあげましょう。

2、オススメの歯磨き法

ガーゼを飼い主さんの指先に巻いて、行います。片方の手で口を開け、もう一方の手の指先に巻いたガーゼで歯茎から歯先へなでおろします。ワンちゃん用歯磨きペーストを塗って行うと効果的な場合もあります。

3、歯磨きの順番

まずは上の歯。口の先端部から奥へ、左右の表面を順番に磨いていきます。
続いて、下の歯の表面を。それがすんだら、歯の内側も順に磨いていきます。

4、歯ブラシを使う

ガーゼでの歯磨きに慣れたら、歯ブラシを使って同様に磨きます。歯間の歯垢を除去するには、歯ブラシのほうが効果的です。
※ガーゼでも歯ブラシでも、歯磨き時間は短めに。ワンちゃんが遊び時間と思ってくれる間に済ませてしまうのがコツです。無理はしないで、続きは後ほどにという感じで、少しずつ慣らしていくことをおすすめします。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル