教えて犬ノートトップ > 子犬の飼い方 > 子犬のお世話の仕方 〜生後1〜2ヶ月編〜

子犬の飼い方子犬の飼い方

子犬の飼い方

子犬のお世話の仕方 〜生後1〜2ヶ月編〜

子犬の飼い方

10/15

最初は見守ってあげる気持ちで

ワンちゃんを飼ううえで知っておきたいのは、ワンちゃんは社会を形成し、その中の自分のポジションがしっかり決まっていることを好む動物だということです。大げさなようですが、それを認識して子犬を迎え、世話をしてあげると、成長後のさまざまなトラブルも避けることができるようです。

たとえば、家に来た初日。子犬はそれまでいた母犬や兄弟犬とでできた社会から引き離され、心もとない気持ちでいます。立ち直るためには、新しい飼い主の家でも自分が守られ、居場所が確保されていると確認できることが大切です。そのためには、子犬の居場所を決め、必要な食事や水を提供し、いいことはほめ、いけないことは許さない。こうした飼い主の行動から、常に自分が見守られていることや、新しく参加した社会を確認できるようなのです。

なので、お世話の基本は、できるだけそばにいて見守ってあげること。時間になったら食べなれた食事をあげて、水を常備しておくこと。眠りたい時は眠らせてあげて、遊びたい時には相手をしてあげること。ただし、トイレは別で、タイミングを見て、しっかり指定の場所でできるようにしつけます。また、リードや歯磨き、体を触られることに慣れさせたり、「待て」や「よし」のコマンドを覚えたり、人を咬まないことをしつけたりするのも、この時期に始めておくといいでしょう

健康診断を受けさせる

飼いはじめたら、なるべく早く動物病院へ連れていき、健康診断を受けましょう。子犬の体にはまだ病気への免疫ができていません。キャリーバッグなどに入れ、他の動物と接触しない状態で行くのがおすすめです。
ペットショップで購入後すぐに感染症や遺伝性疾患が見つかるケースもあります。お腹に寄生虫がいることもあるので便を持参して行くとよいでしょう。また、元気がない、食欲がない、吐くなどの症状がある場合は、命にかかわることもあるのですぐに病院へ連れて行ってください。

ワンちゃんに多い伝染病はワクチン接種で予防できます。子犬の混合ワクチン接種は生後6週頃から複数回行います。動物愛護法により、現在では生後45日以降の子犬が販売できるので、接種の2回目は新しい飼い主さんが受けさせることが多いようです。2回目のワクチン接種後まで散歩は控えます。

社会化に大切な時期、留守は避けて

生後2ヶ月頃のワンちゃんは、家族の一員としての位置とルールを学ぶ大切な時期です。そのためにしてあげるべきことは、そばにいて、一人ではないよと実感させること。
この時期に留守番が多いワンちゃんは不安などから、いたずらをしたり、吠えたり、攻撃的になったりすることが多いとされます。留守がちなご家庭でも、この時期は極力留守にすることなく、誰かが一緒にいてあげるようにしてください。それが無理ならば、ワンちゃんではなく、単独行動を好むネコちゃんを飼うほうがいいかもしれません。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル

コンテンツメニュー

4コマペットライン劇場

ペットライン

猫ノート

フードコンシェル