教えて犬ノートトップ > 子犬の飼い方 > 子犬の選び方A 〜大型犬?小型犬?〜

子犬の飼い方子犬の飼い方

子犬の飼い方

子犬の選び方A 〜大型犬?小型犬?〜

子犬の飼い方

2/15

大型犬? 小型犬? どっちのワンちゃんがいい?

生活環境に合った犬種を選ぶのも、ワンちゃんとうまくやっていくコツです。外で飼うのか、家の中で一緒に暮らすのか、決めておきましょう。
その際に問題となることが多いのは、ワンちゃんのサイズ、抜け毛やトイレなど臭いの対策です。特に、室内で一緒に暮らすなら、それに見合った空間はあるか、家族の同意は? といった課題を解決しなくてはなりません。いくら可愛いからといってもワンちゃんは動物です。彼らの努力ではできない問題は、飼い主が解決法を見つけてあげましょう。

ワンちゃんのサイズは犬種によって決まります。飼い始めた時には子犬でも、多くのワンちゃんは1年くらいで成犬になります。その後、寿命までの十数年は、成犬のワンちゃんと暮らすのです。なので、どのくらいの大きさになるかは大切です。事前に知っておきましょう。

短毛種?長毛種?

ワンちゃんの毛は、長いほうがいいのか短いほうがいいのかは、飼い主さんの好みで選びます。
長毛種のワンちゃんと生活するうえでは、毎日のお手入れが大切です。通常ワンちゃんは春と秋の2回、冬毛と夏毛に生え変わる換毛期があります。そのため放っておくと家中、毛だらけになってしまいます。臭いの元にもなり、これでは不衛生です。こまめにブラッシングして、ワンちゃんに不要になった抜け毛を取り除いてあげる必要があります。プードルやミニチュアシュナウザーのように、換毛期のないワンちゃんもいますが、ペットサロンなどで手入れをする必要があり、費用がかかります。
ブラッシングの手間や時間をかけたくない人には、短毛種の犬が向いているでしょう。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル

コンテンツメニュー

4コマペットライン劇場

ペットライン

猫ノート

フードコンシェル