教えて犬ノートトップ > 子犬の飼い方 > 子犬を迎える準備A 〜環境づくり〜

子犬の飼い方子犬の飼い方

子犬の飼い方

子犬を迎える準備A 〜環境づくり〜

子犬の飼い方

6/15

環境作りは、ワンちゃんを迎える際の、とても大切な作業です。
以下、項目別に説明します。

快適な場所にハウスを設置

日当たりがよく(夏期は直射日光を避ける)、風通しも良い場所に、ハウスを設置してサークルなどで囲いましょう。子犬は当面、このサークルの中で寝て、食事をして、排泄もします。なので、家族の目が行き届くことを重視しましょう。人の出入りがあまり気にならない壁際で、エアコンが直射しない場所が落ち着くでしょう。

トイレの設置

子犬の頃はしつけのためにもサークルの中、ハウス近くに設置します。トイレを覚えたら徐々に距離をあけて、最終的には人と同じトイレや洗面所などに移動すると、臭いも軽減できます。

床面

通常のフローリング床は、滑ってワンちゃんの足腰に悪影響を与えることがあります。スリップ防止加工をしたり、コルクなどのマットやカーペットを部分的に敷いて、活動しやすくしてあげましょう。

安全対策

子犬は、どんなしぐさや行動もかわいいもの。でも、一緒に生活していく仲間として、困ることはしつけで防止し、危険は取り除いておいてあげましょう。
まず、室内での行動範囲を決めます。台所(火や刃物を扱う場で、食品がある)や風呂場(水で溺れる)など、入ってはいけない場所を決めたら、柵などを設置し、常に閉めておくよう家族にも守らせます。ベランダには転落防止柵を設け、道路への飛び出しを防ぐために、玄関ドアや庭からの脱出防止柵も準備しておきます。
また、好奇心旺盛な子犬は何でも口にします。拾って飲み込みそうなものや、いたずらされたら困るものは、片付けておきましょう。電気コード、薬品や洗剤、輪ゴムやクリップ、たばこなどは、ワンちゃんの届かないところへ移動します。
さらに、観葉植物の中には、ワンちゃんの健康状態に悪影響を及ぼすものもあります。別の部屋へ移動しておくと安心です。

家族の接し方を統一する

名前の呼び方をはじめ、ワンちゃんに対して「良し」「ダメ」などの接し方、しつけを家族の間で統一しておきましょう。人によって対応が違うと、ワンちゃんは戸惑って、何がいいのかわからなくなってしまいます。特に、家に来た当初はうれしくて、四六時中ワンちゃんを構いがちですが、子犬はビックリしたり不安になってしまいます。新しい環境に慣れるまでは、できるだけ遠目に見守ってあげましょう。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル

コンテンツメニュー

4コマペットライン劇場

ペットライン

猫ノート

フードコンシェル