教えて犬ノートトップ > 子犬の飼い方 > 子犬に与えてはいけない食べ物

子犬の飼い方子犬の飼い方

子犬の飼い方

子犬に与えてはいけない食べ物

子犬の飼い方

9/15

与えてはダメ!!!

ネギ類(長ネギ、玉ねぎ等)

血液中の赤血球を壊す成分が入っているため、血尿や下痢、嘔吐などを起こす可能性があります。加熱しても成分が分解されません。これらの材料が含まれているハンバーグや餃子なども注意が必要。

香辛料(コショウ、わさび、唐辛子など)

香辛料はワンちゃんの胃腸を刺激して下痢を引き起こします。また、感覚麻痺などを起こす可能性もあり、危険です。

チョコレート

カカオの成分が原因で、嘔吐や下痢、中毒症になり、ショック状態や急性心不全になることがあります。カカオ含有量の高いチョコほど危険。

ぶどう

中毒症や腎臓障害の原因になります。ぶどうの皮が危険。干しぶどうも同様です。

ついつい与えてしまう要注意食品!!!

牛乳、ヨーグルトなどの乳製品

消化が悪いので、下痢や嘔吐の原因になる場合があります。子犬用のミルクを利用しましょう。

生の甲殻類(エビ・カニなど)、イカ、貝類

ビタミンB1欠乏症を引き起こす恐れがあります。イカは消化が悪いので、消化不良の原因になります。

ナッツ類

消化が悪いので、消化不良の原因になります。

鶏の骨

鳥の骨は硬く縦に裂けるため、食道や消化管を突き刺して傷つける可能性があります。

生卵

白身に含まれるアビジ ンという酵素が、成長不良を引き起こすことがあります。

野菜

生野菜はほとんど消化できません。そのため、消化不良などから下痢や嘔吐を引き起こす可能性があります。

その他(危険な植物)

園芸植物や観葉植物、野草など

屋内や敷地内で、興味から口に入れてしまう可能性があります。特に以下の植物は、中毒物質をもっているものが多いので、口にしないように気をつけましょう。
スイセン、チューリップ、スズラン、アサガオ、アロエ、ユリ、ポインセチア 、ポトス、ツツジ。
トリカブトなどの有名な毒草やユリ、レンゲ、彼岸花、スミレなども注意しましょう。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル

4コマペットライン劇場

ペットライン

猫ノート

フードコンシェル