教えて犬ノートトップ > 犬のニオイ対策 > 犬のニオイの原因って?

犬のニオイ対策犬のニオイ対策

犬のニオイ対策

犬のニオイの原因って?

一緒に学ぶワン♪

1/5

ニオイの原因は、「体臭」「口臭」「排泄物臭」

ワンちゃんのニオイは、一緒に暮らしていて、気になるもののひとつ。
そのニオイはどこから来るのでしょう、そして、どう対処していくといいのでしょうか?
実は、ワンちゃんのニオイは、体臭、口臭、排泄物臭の3種が主な原因なのです。

ワンちゃんにもある汗腺。ここからの分泌物が体臭に!

ワンちゃんにも汗を発する汗腺があるって知っていましたか?
人間と同様に2種類の汗腺があります。私たちが運動をした時に出すサラッとした無臭の汗。これは体温調節などを目的にして全身のエクリン腺から出ます。ワンちゃんはこれを足裏の肉球にだけ備えていて、運動後に触ると湿っています。
もう一種の汗は、私たちが脇の下や口、生殖器周辺など、体のごく一部からしか出さない汗。アポクリン腺といいますが、ワンちゃんはこれを全身に備えています。
ここから出る汗は、ぺたっとしています。この汗腺には皮脂腺が直結していて、汗とともに皮脂が分泌されます。皮脂が時間とともに酸化し、この成分を好物にする細菌の分解作用で独特なニオイが発生します。
このニオイのもとはイソ吉草酸といわれ、ムレた靴下と同じ成分。それがワンちゃんの体臭として臭うのですが、個体識別の役割を果たしていて、ワンちゃん同士では相手を知る大切なニオイでもあるのです。

体臭対策はブラッシングとシャンプー。
場合によっては生活の見直しを

体臭を発する原因がわかったら、どう対処しましょう? 
ブラッシングは、皮膚表面の無駄毛を取り除き、風通しを良くするので、ニオイ対策の基本と言えます。ワンちゃんとのコミュニケーションも合わせて、1日1回してあげたいですね。
湿らせたタオルなどで体を拭くのは、被毛に付いた汚れとともにニオイの元も拭けるので、ブラッシングとともにやっておきたいこと。ドライシャンプーを併用すれば、さらに効果が高くなります。
そして、シャンプー。仕上げの気分です。ところが、頻繁に洗いすぎてしまうと、ワンちゃんの皮膚にある脂分を落としすぎてしまい、かえって皮膚病を招いたり悪化させたりすることがあるのでほどほどに。成犬であれば月1〜2回が適当とされています。
なお、ワンちゃんの体臭は、以下の原因も考えられます。
たとえば、たんぱく質や脂質の取り過ぎなどで腸内バランスを崩しているとか、皮膚疾患が原因であるとか。食生活を見直したり、獣医さんの診断を仰いだりして、ワンちゃんの生活も改善してあげましょう。
飼い主さんにとって快適な生活環境は、ワンちゃんにも快適なはずです。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ