教えて犬ノートトップ > 老犬と暮らす > 老犬になったらお散歩は減らしたほうがいいの?

老犬と暮らす老犬と暮らす

老犬と暮らす

老犬になったらお散歩は減らしたほうがいいの?

お散歩は重要なイベントだワン♪

5/5

老犬の散歩は頻度より、距離を見直す・コースを見直すことで外の空気に触れさせて、ストレス解消させてあげましょう!

ワンちゃんにとって、日々のお散歩はとても重要なイベントです。 生活環境の見回りを主目的としているようですが、他にも日常的な運動であったり、排泄に関わる生理的な要求、気分転換、ワンちゃん仲間や他の飼い主さんとの交流、そして、飼い主さんとコミュニケーションする場でもあるからです。

お散歩コースを工夫してあげよう

たとえば、一日に朝夕で計1時間のお散歩を日課にしてきたワンちゃんだったら、歩くのが遅くなっても同じ1時間で回れるショートコースを用意してあげましょう。老犬が特に苦手とする階段などのコースは避け、緩やかな坂道コースにしてあげるのもいいでしょう。ワンちゃんの好きなお店や公園などを組み込めば、なお喜んでくれます。

お散歩の後、満ち足りた顔でまどろむワンちゃんは、とても幸せそうに見えます。そうした日が1日でも長く続くことを飼い主さんも心から願うのではないでしょうか。

この記事を見た人が見ている他のコンテンツ

ペットラインホーム

猫ノート

フードコンシェル